読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッグトレーナーが読み解く【動物ニュース】

ドッグトレーナーからの視点で、あらゆる動物ニュースを紹介し読み解いていきます。ドッグトレーニングoffice-canine代表。通信講座【ペット講座・誰でもできるしつけ方法】講師

ドッグトレーナーからの助言「ドッグトレーナーを目指す人たちへ」

f:id:Office-canine:20170324173515p:plain

 

 

ドッグトレーナーを目指してくれている人たちは全国でたくさんいらっしゃると思います。

 

僕はドッグトレーナーを目指している人たちを応援する一人です。

ドッグトレーナーの存在と、大切さをもっと色々な人たちに知っていただきたいと活動しております。

 

中にはこのようなドッグトレーナーもいらっしゃいます。

それは、

 

 

他人のしつけ方法に、ダメ出しや悪口をいう人です。

 

「この方法はありえない」や「こんなやり方」等々。

 

ある程度の地位にいて、数十年以上長い間キャリアをもつ大御所であれば、そのような意見は頷けることもありますが、上の方達や、ちゃんとしたプロのドッグトレーナーは、他人のことをとやかく言いません。

これはツイッターでも書きましたが、他人のしつけ方法のダメ出しや批判ばかりする人は、本物のドッグトレーナーではない気がします。それはプロではなくて、ただの構ってちゃん。 そういう人ほど、自分のしつけ方法が正解だと押し売りのように口を開く。

このようになんでもかんでも、ダメ出しや他のドッグトレーナーをディスっている人はドッグトレーナーの品位を下げ、自分自身の品位を自ら下げていることになります。

自分のしつけ方法に自信を持っていいし、押し売りしてもいいと思います。

ですが、そのために他の誰かを陥れることをするのは、非常識です。

三輪明宏さんが仰っていました。「悪口は人格のストリップ」と。

私は「人格の露出狂」ですと言うのであれば、もう言うことはありません。

僕の負けです。完敗。いや、乾杯。

 

正解のしつけ方法はたくさんあります。 もちろん間違っていることもあるなと思うこともありますけど、口に出してはいけない。 技術と知識が備わっているなら、ダメ出しや批判をする必要はありません。 他人の批判をするのがドッグトレーナーの仕事ではありません。 プロならプロらしく、批判せず対応しましょう。

他のドッグトレーナーを批判するのではなく、犬の幸せのために技術と知識を使ってください。

 

あとは「この仕事辛いわ~」とか「全然寝る暇なくて大変だわ~」とか「もう辞めたいわ~」と頻繁にいう人は、地獄のミサワって言ってあげましょう。

厳しい言葉になりますが、「そんなことを言ったりツイートしている暇があるなら、犬と向き合え」

僕はドッグトレーナーになるまで、なってからも「辛い」とか「辞めたい」なんて口に出したことはないし思ったこともありません。

弟子入り時代は、毎日朝から晩まで24時間365日、40数頭の犬たちと数年過ごしてました。

もちろん疲れることや寝不足のときもありましたけど、それよりも楽しい気持ちのほうが全然上回っていました。

犬たちのお世話の中で、犬のう〇ちを拾うことでさえ楽しさを感じてました(変な人ではありません)

さすがにここまで思うようになりましょうとは言えませんが、ドッグトレーナーになるためには「好きこそ物の上手なれ」です。

このことわざは、動物系専門学校で講師をしていたときに、よく生徒たちにも伝えていました。

 

自分の気持ちに自信をもってください。

 

ドッグトレーナーを目指している若者よ。頑張れ!!

 

ちなみに僕もまだ若者部類です。みんなと仲間ーっ!

 

ドッグトレーニングOffice-canine HP → https://www.office-canine.jp/

 

f:id:Office-canine:20170327125052j:plain教材マニュアル商品 - しつけドッグトレーニングoffice-canine

 

ネット通信講座【誰でもできるしつけ方法】