読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッグトレーナーが読み解く【動物ニュース】

ドッグトレーナーからの視点で、あらゆる動物ニュースを紹介し読み解いていきます。ドッグトレーニングoffice-canine代表。通信講座【ペット講座・誰でもできるしつけ方法】講師

ドッグトレーナーが教えるしつけの【芸】と【行儀】

f:id:Office-canine:20170319173437p:plain

 

 

本日は、ドッグトレーナーからの視点でお話しします(ただしドッグトレーナーでも人それぞれ考えは違います)

ペット先進国と言われている、ヨーロッパ各国、アメリカ、日本。 日本で一番大きな畜犬クラブは、世界各国の畜犬クラブの中で世界第2位の クラブです(これはすごいことですよね) それだけ大きなクラブがあれば先進国とも言われるでしょう。 ですが、日本は先進国と呼ばれている他の国と比べて遥かに意識が低いことがあります。 それは【しつけ】に対する意識の低さです。

これはあくまでもドッグトレーナーの一人から見ての意見です(異論は認めますん) 

 

 


日本人は犬を飼うと、おて・おかわり等の一発芸と言われるものを最初に教 えようとします。 そして、お利口な犬を見たら決まりごとのように「おて、おかわり」と発言 します。 これは別に悪いことではありません。 でも、それが犬に対する日本人の意識です。

日本人はしつけとして【芸】を教えます。

外国人はしつけとして【行儀】を教えます。

日本人は犬を【従物】として 見ます。

外国人は犬を【伴侶】として見ます。

もちろん、日本人すべての人がそうではありません。 ですが、飼育放棄や殺処分の数を見たら、そういう人も多いことは確かです。 逆に先進国の外国の方も全員同じ意識かと言われれば、それもまた違うと思 います。

しかし、犬に対するしっかりとした考えを持つ人は日本人よりも遥かに多いです。

僕も犬を飼っています。当然、しつけをしています。 僕の犬は、おて・おかわりはできません。 というか、教えていません。

なぜか?

 

詳しくはこちらで解説しています。

www.knowledge.ne.jp

 

ドッグトレーニングOffice-canine HP → https://www.office-canine.jp/

 

f:id:Office-canine:20170327125052j:plain教材マニュアル商品 - しつけドッグトレーニングoffice-canine